オーガニック化粧品の人気が高いシンガポール

シンガポールは、アジアにおいて経済の中心であると同時に、その国土の狭さゆえの人口密度でも有名です。交通機関は大変良く整備されており、週末やラッシュアワー時はとても混みあっております。一方で、大気汚染や、地域柄、太陽光も大変強く、しみやそばかす、ニキビ等による肌荒れで悩む人も多い国です。

大気汚染は世界中どこでも都市部では問題となっており、肌に対しても肌荒れや、ひどい場合は皮膚癌のもとにもなると言われております。空気中の汚れはコラーゲンを破壊したり、肌を守る機能も果たしている潤いまでも奪ってしまうようです。そんな環境で暮らすシンガポールの女性は、食べ物での肌でも、ライフスタイル全般的により健康的なものにお金を使うようになってきているのです。

アジア圏におけるオーガニック製品へのニーズは年々上がってきており、リサーチ会社ニールセンの調査によると、東南アジアの約69%の女性が「新鮮でオーガニックな成分から作られた製品を好む」そうです。

関連画像

シンガポールのマーケットにおいて、多くの化粧品会社は「都市エリアに住み、オーガニック製品を好む女性」を想定して製品の開発やマーケティング活動をしているようです。そして、ユーザーはオーガニックだけでなく、何かもう一つポイントがある製品(オールインワンやリフトアップ効果)を好むようです。

「asking advice cosmetic staff」の画像検索結果

そして、製品の効果だけではなく、シンガポールでは化粧品を選ぶ際に「自分の肌にいかに合うか」がかなり重要になってきます。女性は自分の肌質をもとに化粧品の販売員や薬局、または医師等のプロに相談し化粧品を決めるようです。

「skin types asian」の画像検索結果

 

<参考>

Over 60% of Singaporeans work for ‘health-conscious’ companies

Growing naturally and organically

How Pollution Is Affecting Your Skin—And How to Fix It