日本の化粧品が中国で大人気の理由

高級ブランドのシェアが急増する中国の化粧品市場

近年、中国の美容市場が急激に拡大している。それに伴って、中国の消費者の目が今までよりも厳しくなり、商品の選択基準も厳しくなってきた。若者は特に、様々なソーシャルメディアから情報を得て商品の購入を決める傾向にある。

「精日传媒」によると、中国で人気の化粧品ブランドトップ10は以下の通り

  • Chanel
  • Dior
  • Guerlain
  • LANCOME
  • Estee lauder
  • Helena Rubinstein
  • Shisheido
  • CleDe Peau
  • Sulwhasoo
  • Sk-II

動画に登場する美容ブロガーは20代の女性だが、美容には今のうちから気を使っており、若さと美を保つために日本の健康グッズや美容製品を数多く使用している。ジャパンタイムズの統計では、日本で化粧品を買い物するとなると、中国人観光客の81.4%が平均して57.242円分の化粧品や健康グッズを購入したことが示されている。特に、若い女性は高価な化粧品を購入するのに躊躇がない。

なぜそこまでのお金を使うのか?中国人は、以下のような理由から日本の美容製品はお金をかけるに値すると回答している。

  • 日本人と中国人の肌質は似ており、日本の美容製品は大抵のアジア人の肌と相性が良いから。また、ヨーロッパの美容製品と比較すると、日本製品は刺激がずっと少ないため。
  • 日本の美容業界は有名で、美容製品の種類や選択肢の多さでも知られているため、美容に気を使う人たちを惹きつけているから。
  • 日本の美容製品は非常に高く評価されており、有名なブロガーや女優等の多くが愛用しているから。