ハラル認証化粧品とインドネシア女性の化粧品を選ぶ基準

関連画像

インドネシア人の80%はムスリムで、その大部分は敬虔な宗教的信仰を持っています。近年、インドネシアではハラル化粧品の使用が増加傾向にあります。この傾向は買い物時にハラルであるかを意識する中流階級や富裕層のムスリム女性の増加と一致しています。

顧客による化粧品の購入行動

Customer Buying Behavior of Cosmetic Products

この階層のインドネシア女性たちはイスラム教に則った衣類や化粧品を利用することは自らの宗教的な義務だと考えています。調査によると、現在インドネシアでは女性の58%がハラル化粧品を使うことをより好んでいます。そうした女性は価格や包装、有機素材、その他の流行よりもハラル認証に重点を置いています。

関連画像

しかし、若年層ではハラルであるか否かはあまり意識されておらず、西洋や韓国の化粧の流行による影響が信仰よりも大きくなっています。お気に入りのセレブそっくりになるために、セレブたちが使っている化粧品を使うのです。

関連画像

2014年No.34ハラル製品保証法から派生した規制である、2017年のインドネシア政府によるハラル製品保証に関する規制の実施によって、ハラル化粧品の需要はますます増えています。(Halal Implementing Regulations – Where are They at Now?)